SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2023 Winter

2023年1月26日(木)10:00-16:00

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

2022年新卒採用力ランキング 日本生命保険が2年連続総合1位/ダイヤモンド・ヒューマンリソース調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ダイヤモンド・ヒューマンリソースは、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に「第16回 新卒採用力ランキング調査」を実施。その結果を発表した。

 企業の採用広報および選考活動について、「1.ホームページ」「2.インターンシップ・キャリア形成プログラム」「3.パンフレット・入社案内」「4.ウェブメール・SNS」「5.セミナー・説明会」「6.先輩社員・懇談会」「7.選考・面接」の7つの分野ごとに学生の評価を調査。各分野のポイント合計を企業の「新卒採用力」と定義し、総合ランキングを作成した。

調査概要

2022年 大学生が選んだ「新卒採用力」ランキング
  • 調査対象:現在就職活動中もしくは就職活動を終了した、全国の国公立107大学・私立24大学の大学4年生と大学院2年生
  • 有効回答:855名
  • 調査期間:2022年3月24日(木)~6月30日(木)
  • 調査方法:ウェブ入力フォームより記名回答
  • 項目別に好印象の企業を8社まで記入。1位企業=5ポイント、2位企業=4ポイント、3位企業=3ポイント、4位企業=2ポイント、5~8位企業=1ポイントで加重集計し、ポイントの多い順にランキングを作成。
  • 総合順位「-」は昨年調査で50位圏外。項目別順位「-」は昨年調査で20位圏外。

    ※総合ポイントは下記の項目のポイントを合計

     ホームページ(ウェブ)/インターンシップ・キャリア形成プログラム(インターン)/パンフレット・入社案内(パンフ)/ウェブメール・SNS(メール・SNS)/セミナー・説明会(セミナー)/先輩社員・懇談会(OB・OG)/選考・面接(選考)

     また、印象に残った理由を8項目から最大3項目を選択。集計後パーセンテージを算出。

調査結果

総合ランキング

 2年連続で総合1位となった日本生命保険は、パンフレット・入社案内(パンフレット)部門、先輩社員・懇談会(OB・OG)部門の2部門で1位となったほか、インターンシップ・キャリア形成プログラム(インターン)部門で2位、選考・面接(選考)部門で3位、ホームページ(ウェブ)部門で4位と学生の支持を集めた。そのほか2位の明治安田生命保険、3位の大和証券グループと、就職活動全般を通して複数の部門で学生の評価を集めた企業が上位にランクインした。

1.ホームページ(ウェブ)ランキング

 1位の三井物産は「デザインが格好よく、業務ケースがよく学べた」、2位の三井住友銀行は、「デザインが革新的。動画やインタビューなど、業務・社風理解につながるコンテンツが豊富」と、情報量やデザイン性が評価された。3位の大和証券グループでは、「部門ごとに説明や社員紹介があり、エピソードをもとに証券業界の業務理解や企業理解が深められた」と、情報量に加えて「業界理解」でも評価された。

2.インターンシップ・キャリア形成プログラム(インターン)ランキング

 1位の三井住友海上火災保険はインターン部門で5年連続の首位。複数のプログラムを提供しており「夏のオンラインプログラム参加後に、対面のプログラムに参加した。実際に社員の方と顔を合わせて会話することで、仕事理解が進み社風を感じることができた」と「応募機会が複数あった」「仕事理解」で学生の満足度が高くなった。2位の日本生命保険も「体験的な内容が多く、勉強になった。営業に必要なものを理解することができた」と「業界理解」「仕事理解」を評価する声があがった。

3.パンフレット・入社案内(パンフレット)ランキング

 1位の日本生命保険は「程よい文量で情報がまとまっており、実際に働いている社員のインタビューで企業理解が深まった」、2位の明治安田生命保険も「シンプルだが簡潔に情報がまとまっていて見やすかった」「活躍されている社員の声が多く記載されており、キャリアプランをイメージしやすかった」と「豊富な情報量」「企業理解」で評価された。

4.ウェブメール・SNS(メール・SNS)ランキング

 1位のSkyはInstagramやTwitter、YouTubeなどさまざまなメディアで情報を発信。2位の第一生命保険もInstagramを活用しておりSNSを通じた採用広報が好評。「情報量が適切」「何度も届いた」に支持が集まったほか「学生との距離が近い」といった声があがった。3位の三菱商事は「選考開始直前期に、採用活動にかける思いや自分自身が就職活動をしていた時に感じたことについて、熱く語ってくれて胸を打たれた」と「時期がタイムリー」「読みやすい内容」でも評価を集めた。

5.セミナー・説明会(セミナー)ランキング

 1位の東京海上日動火災保険は「何度もセミナーに参加した。業界・企業研究に役立つ内容ばかりで非常に助かった」「女性のキャリアに特化したセミナーがあった」と好評。2位の伊藤忠商事は「多くの組織を取り上げ、各組織でどのような業務を手掛けているのか、所属社員から話を聞けた」「ワークを通して業務を体感できた」と「企業理解」「仕事のイメージができた」で評価された。

6.先輩社員・懇談会(OB・OG)ランキング

 1位の日本生命保険は「多くの社員からアドバイスをもらえた」「仕事内容や社風に対する理解を深めながら選考を進めることができた」と「就活の助言をしてくれた」の項目で評価された。2位の大和証券グループは「質問に対して真摯に、丁寧に答えてくれた」と「じっくり話ができた」「説明が丁寧」で学生の支持を集めた。

7.選考・面接(選考)ランキング

 1位の明治安田生命保険は「リラックスして臨める環境を作り出してくれた」「フィードバックの機会が豊富だったので対等な関係で選考に参加することができた」と「高圧的ではなかった」「人物重視の選考」で評価された。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4041 2022/10/01 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2023年1月26日(木)10:00-16:00

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング