SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

リモハラに懸念で「マネジメントに難しさを感じる」が8割/ダイヤモンド・コンサルティングオフィス調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ダイヤモンド・コンサルティングオフィスは、長期化する在宅テレワークの実態調査を目的に、1年以上にわたりテレワークを行いながら部下とコミュニケーションをとる管理職の会社員539名を対象にアンケート調査を実施した。

部下とのコミュニケーションの悩み「昨年より増えた」4割超 「減った」は1割未満

 部下とのコミュニケーションのストレスが昨年と比較して「変わらない」の回答は50.5%ともっとも多い結果に。「かなり増えた」「増えた」と回答した「ストレス増加群」が40.1%、「かなり減った」「減った」と回答した「ストレス減少群」は9.5%と1割を下回った。

 

半数以上が「部下との距離感」「部下への指示出しタイミング」にストレスや悩み

 部下とのコミュニケーションにおけるストレス増加原因を尋ねると、「部下との距離感」が63.9%ともっとも多く、次いで「部下への指示出しタイミング」が55.6%、「部下の育成」が48.1%と続いた。一方で、ストレス減少要因を尋ねると、最多が「部下との距離感に関するストレスや悩みが減った」で35.3%、次いで「部下に対する行動管理方法に関するストレスや悩みが減った」が29.4%、「部下への指示出しタイミングに関するストレスや悩みが減った」が21.6%と続く結果に。

 
 

ハラスメントを気にすることにより、約8割が「マネジメントに難しさを感じる」

 在宅テレワークでの部下とのコミュニケーションに際し、「ハラスメントにならないよう気をつけることで、マネジメントが難しくなっているか」を尋ねると「部下の業務進捗が確認しづらい」という声が43.8%ともっとも多く、次いで「気軽な声かけが難しく、部下のコンディションがわからない」が37.5%、「チームワークで業務を進めることが難しい」が31%と続く。「当てはまるものはない」の回答は17.8%と、約8割が何らかの難しさを感じていることがうかがえる結果に。

 

 なお、部下とのコミュニケーション「ストレス増加群」だけを見てみると、最多が「部下の業務進捗が確認しづらい」で60.2%、次点で「気軽な声かけが難しく、部下のコンディションがわからない」が51.4%、「チームワークで業務を進めることが難しい」が49.1%と続き、「当てはまるものはない」の回答は0.9%と1%未満。「ストレス増加群」の9割超の管理職が、何らかのマネジメントの難しさを感じている結果に。

 

6割以上が、部下以外とのコミュニケーションに「ストレスを抱えている」

 テレワークでの部下以外とのコミュニケーションストレスを尋ねる設問では、「当てはまるものはない」の回答は38.8%と、6割以上の管理職が部下以外とのコミュニケーションに「ストレスを感じている」ことがうかがえる結果に。

 

 部下とのコミュニケーション「ストレス増加群」だけを見てみると、「ストレス減少群」と比較して、全体的にストレスが高くなっていた。

 

8割以上が「テレワークを取り入れた働き方」を希望 出社との併用希望が最多

 今後の働き方として、「出社したい」と回答したのは16.7%で、8割以上が在宅テレワークを取り入れた働き方の継続を希望した。

 

 部下とのコミュニケーション「ストレス減少群」は、約5割が「在宅でのテレワークを続けたい」と回答したのに対し、「ストレス増加群」は、約5割が「在宅でのテレワークと出社の併用がいい」と回答する結果に。

 

調査概要

  • 調査概要:長期化する在宅テレワークにおける、部下とのコミュニケーションのストレスについての実態調査
  • 調査期間:2021年5月28日〜5月30日
  • 有効回答:2020年5月から1年以上にわたり、週1日以上在宅テレワークを実施し、部下とコミュニケーションをとっている30代〜50代の会社員(管理職)539名
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2626 2021/06/28 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング