SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2023 Winter

2023年1月26日(木)10:00-16:00

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Sales Tech ホットトピックス

共通言語は「40度の熱があっても、0.5秒でわかるか」 PLGで約11万社導入を果たしたStock

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 広告費用をかけず、非IT企業を中心に11万社近くに導入されている情報共有ソリューションの「Stock」は、プロダクト主導で成長するPLG(Product Led Growth)の好例として注目されている。提供する株式会社Stockでは、非IT企業のユーザーでも直感的でわかりやすいプロダクトを提供し続けるべく、「40度の熱があっても、0.5秒で理解できる機能か」を共通言語にプロダクトを磨き続けているという。今回、同社代表の澤村大輔さんにインタビューを実施。創業の経緯から、今後のSales Led Growthの展望、情報共有にツールを使う際に大切な考え方までを聞いた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

創業するも事業アイディアがなく100本ノックへ

──Stockを創業するまでの澤村さんのキャリアについてうかがえますか。

学生のころから起業したいと考えており、新卒でコンサルティング会社に入社しました。2014年に会社を設立しましたが、現在の主力事業である「Stock」が生まれたのは2018年です。

起業のきっかけは、藤田晋氏の著書『渋谷ではたらく社長の告白』(幻冬舎)との出会いです。年齢や経歴、国籍や性別も関係なく世の中にインパクトを与えられる起業家という仕事があることに驚き、「世の中を突き動かすようなサービスをつくりたい」という思いで起業家を目指すことにしました。しかし、チャレンジしたい領域が決められず、会社設立後に非常に苦しむことになりました。いろいろな力が身につくだろうとコンサルティング会社を選びましたが、今考えてみると少し方向性が違ったのかもしれません。

──得られるスキルにギャップがあったのですか。

起業後に気づいたのですが、コンサルの仕事は仕組みや組織がすでにある状態からどう最適化していくかを考えるものです。一方起業家は、お金もなく人もいない、プロダクトへの反応も当然ないところからスタートするため、まったく違うスポーツだと感じました。

──なるほど。そんな中、起業から「Stock」のアイディアが生まれるまでにどのような経緯があったのか教えてください。

まずは共同創業者が必要だと考えました。ふつうは、起業家交流会やVCのイベントに参加するか、知り合いのつてを辿りますが、私は「起業 仲間 募集」でググったんです。いちばん上に出てきたのが起業したい人同士をマッチングする寂れた掲示板で、書き込みも月に2~3件しかなかったのですが、ひとりだけピンとくる人がいたんですよ。

株式会社Stock 代表取締役 澤村大輔さん

早速会う約束をして、新宿アルタ前のルノアールで待ち合わせました。ところが、「ちょっと遅れます」と連絡がくるものの1時間半も待たされまして(笑)、帰ってもやることもないし……ともやもやしながら待ち続けて出会ったのが、現在のCTOです。

彼は新卒でアクセンチュアに入社し、出会った当時はリクルートでエンジニアディレクターをしていました。2~3時間話して優秀さは伝わったものの、どこまで信頼できるかなと考えていたところ、お互いに1986年1月1日生まれだと判明したのです。これは「神様からのメッセージだ」と思い、彼と起業することにしました。

──運命的な出会いですね。そこから事業アイディアを一緒に考えていくのですね。

「エジソンも発明ノートを3,500冊書いたと言うし、まずはアイディアの量だ!」と事業アイディア100本ノックを開始しました。チャットツールにアイディアを羅列したのですが、情報がどんどん流れてしまい、「34個めのアイディアは○○だったよね」と確認したいのにうまく探せない状況に陥りました。PowerPointなどで資料をまとめても、結局フォルダは誰も見ないし、更新されないため、つくって終わりになってしまいます。

手軽かつ適切に情報をストックするのに適切なツールが世の中にないことに気づき、エンジニアチームに「3日間で社内用のかんたんな情報共有ツールをつくってほしい」と依頼して生まれたのが、「Stock」の原型なんです。

次のページ
30社中29社が"いらない" それでも開発を進めたワケ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
Sales Tech ホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/4017 2022/10/04 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2023年1月26日(木)10:00-16:00

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング