SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Salesforce、CRM向け対話型AIアシスタント「Einstein Copilot」提供開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 Salesforceは、CRM向け対話型の生成AIアシスタント「Einstein Copilot」の正式ベータ版を提供すると発表した。

「Einstein Copilot」により、顧客は自社で保有するデータを活用して回答を生成することが可能になる。また、質問への回答、コンテンツの要約、新しいコンテンツの作成、複雑な会話の解釈や、ユーザーに代わりタスクを動的に自動化することもできる。これらは、対話型UI、基盤となる大規模言語モデル、信頼できる企業データを組み合わせることで実行され、Salesforceユーザーは生成AIの力を活用し、新しい方法でアプリケーションと対話することができるようになる。

ユースケース

 たとえば営業担当者は、自然言語のプロンプトを使用して、記録を要約したり、カスタマイズされたコミュニケーションを生成したりするなど、よりパーソナライズされた顧客エンゲージメントを提供し、商談の成約を加速化することが可能になる。

 カスタマーサービスやフィールドサービスのエージェントは、異なるシステムから関連する回答やオファー、データを表示することで、課題解決を合理化し、顧客満足度を高めることが期待できる。

 金融サービス企業の場合、データ収集と分析を自動化することで、顧客のオンボーディングを簡素化し、パーソナライズされたファイナンシャル・プランを作成することができる。

「Einstein Copilot」の機能

  • Data Cloudでプロンプトをグラウンディング

「Einstein Copilot」 は、Data Cloudからビジネスデータを使用して回答をグラウンディングし、アウトプットに必要な文脈を提供する。これにより、「Einstein Copilot」 は信頼できる企業データに基づき、より正確でカスタマイズされた回答の生成が可能になる。

  • 即座に使えるアクション

 あらかじめプログラムされた機能、自動応答、または「Einstein Copilot」が実行するビジネスタスクなど、すぐに使えるアクションのライブラリが用意されており、プロンプトが表示された際にAIがユーザーに代わって実行する。アクションを組み合わせることで、動的なマルチステップの計画を実行できる。

  • 特定のビジネスニーズに合わせてカスタマイズ

 特定のセールス、サービス、マーケティング、コマース、ITのタスクを達成するようにカスタマイズでき、企業や業界のポリシーの適用できる。

  • 意図を解釈し、最適なアクションを選択する推論エンジン 

「Einstein Copilot」の推論エンジン(情報に基づいた意思決定、問題解決、またはインサイト生成のために情報を解釈および処理するプロセス)は、ユーザーの文脈を分析し、アクションを決定し、出力を生成することで、LLMと相互にやり取りをする。また、MuleSoftとSalesforceフローを使用して、複数のシステムにわたって情報の更新ができる。

  • 信頼できる回答とアクションの生成

 Einstein Trust Layerが提供するプライバシーおよびセキュリティ対策により、信頼できるAIのやり取りを提供する。Einstein Trust Layerは、Einstein 1 Platformの一部であり、個人情報(PII)のマスキング、有害性に対するアウトプットのスコアリング、SalesforceのLLMパートナーとのゼロデータリテンションを通じて、不正アクセスやデータ侵害からの情報保護などの機能を実行する。

Salesforceの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフ氏のコメント

 AIは、私たちの業界の歴史において最も重要な瞬間です。AIは顧客との関係を深め、生産性を向上させ、あらゆる企業の利益率を向上させるでしょう。新しいEinstein Copilotは、AIと対話するための素晴らしい直感的なインターフェース、ワールドクラスのAIモデル、そして何よりもAIの恩恵を受けるために必要なデータとメタデータの深い統合をもたらします。Einstein Copilotは、顧客との関係で何が起こっているかを真に理解する能力を備えた唯一のCopilotです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5637 2024/02/29 17:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング