SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Sales Marker、Salesforceと連携 「Sales Marker App」を提供開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

「Sales Marker(セールスマーカー)」を開発・提供するCrossBorderは、SalesforceのビジネスアプリマーケットプレイスであるSalesforce AppExchange上で「Sales Marker App」を提供開始することを発表した。

Sales Markerについて

 Sales Markerは、約500万法人の企業データベースとインテントデータ(興味関心データ)を組み合わせて活用できるBtoBセールスインテリジェンス。商談・受注に至る可能性が高い、インテント(興味関心)の高まったターゲット企業に対してマルチチャネルでアプローチする営業手法「インテントセールス」を可能にする。

Sales MarkerとSalesforce連携で実現できること

1. インテント(興味関心)が高まった企業をSalesforceに通知する

 Sales Markerでは、企業のインテント(興味関心)を分析してスコアを算出する「シグナルスコア」と、そのなかでも成約確度の高い企業を検知する「セールスシグナル」の機能を備えている。この情報をもとに、インテント(興味関心)の高まった企業をSalesforceに通知することが可能。

2. リード(個人)の情報に企業情報を自動付与

 Sales MarkerとSalesforceの連携による「リードエンリッチメント」機能は、Salesforce上でリードの作成や更新を行った際に、Sales Markerが持つ約500万法人の企業データベースをもとにした高精度な企業名の名寄せや正規化のほか、各種企業情報を該当リードへ付加する機能。これにより、獲得リードの自動的なターゲット判定はもちろん、ABM(Account Based Marketing)などのターゲティング戦略において、自社がリーチできていない企業を特定することにも活用できる。

 また、企業のインテント(興味関心の高さ)をもとにした「シグナルスコア」もSalesforceに連携されるため、MAツールのナーチャリングスコアに組み込むことでシナリオメールの判定基準にしたり、ハウスリストへのコールドコールの優先順位づけに役立てたりすることも可能。

Sales MarkerとSalesforceの連携イメージ

3. 約500万法人の企業データベースをSalesforceでの新規レコード作成に活用

「Sales Marker Form」機能では、企業名や法人番号などの企業情報からSales Marker内の企業情報を呼び出し、リードや取引先として新規レコードを作成することができ、次のシーンで効果的に活用できる。

  • 手動で新規レコードを作成したい

 リードエンリッチメント機能によって企業情報の付加を自動化することも可能だが、目視確認のうえで人手で登録を行いたいケースもある。約500万法人の企業データベースを有するSales Marker Formを使えば、Salesforceへの企業情報の登録・作成が、手動であっても容易かつ正確に行えるようになる。

  • 手作業による表記ゆれや登録ミスをなくしたい

 ウェブ検索など手作業による調査をする場合には表記ゆれや登録ミスなどが起こる可能性があり、余計な工数を発生させることにもつながるが、Sales Marker Formでこれらの課題を解決することが可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5188 2023/09/26 16:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング