SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

管理職になりたい20~30代女性は3割 「責任が重くなるのが嫌だから」の声/博報堂キャリジョ研調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 働く女性の研究をする「博報堂キャリジョ研」は、2021年6月に20~30代男女に対して「女性のキャリア意識調査」を実施。同調査結果の主なポイントを発表した。

20~30代の女性で「管理職になりたい」は3割、「リーダーになりたい」は4割

 まず、「今後、リーダー(自分の下に部下やメンバーがいるポジション)または管理職・マネージャー(自分の下に評価対象の部下がいるポジション)になりたいか」についてたずねた(現時点での立場関係は問わない)。

 20~30代の女性の管理職意向度は、「なりたい」「ややなりたい」が合わせて32%。対して、男性は56%と過半数を占める。管理職よりはリーダー意向度は高めであるが、同様の傾向で男性の意向は58%に対して女性の意向は42%となった。

管理職になりたくない理由、女性特有の回答で目立ったのはチームビルディングへの不安

 前問で、リーダー/管理職・マネージャー(いずれか、またはは両方共)になりたくないと回答した人に、その理由をたずねた。

 20~30代女性は「責任が重くなるのが嫌だから」「仕事よりも趣味やプライベートを大切にしたいから」が4割前後と高く、男女間でスコアの差も大きい。

 さらに、男女の差分が大きいものとしては、「目立ったり、人目を引いたりすることになるのが嫌だから」「大きな方針や指針を示すことが苦手だから」「チームを率いることが苦手だから」など、人より前に出て動くことへの抵抗感やチーム運営をしていくことへの不安がうかがえる。

女性は「理想の管理職・リーダー像」が備えるべきと考える項目が男性よりも多い傾向

 思い浮かべる理想のリーダー/管理職・マネージャー像についてたずねたところ、「理想の管理職・リーダー像」のイメージは、いずれの項目においても女性のスコアが高いという結果となった。

 管理職やリーダーに求めることが多く、反対に自分がなる場合のハードルの高さにもつながると推察される。

 TOP3の項目に絞って見ると、ともに「部下やメンバーへの正しい評価」が挙がる。男女の違いとして、女性は「部下やメンバーのモチベーションを上げ、やる気を起こさせることができる」「常に適切な距離感で、部下やメンバーのことを見守ってくれている」など、“部下自身への育成やケア”を意識しているのに対して、男性は「部下やメンバーを信頼し、仕事を任せてくれる」「部下やメンバーひとりひとりの意見と向き合い、まとめ上げることができる」といった“仕事の円滑な遂行”を意識していることがわかった。

女性の「理想の管理職・リーダー像」、“部下への育成やケア”意識した項目が上位に

 思い浮かべる理想のリーダー/管理職・マネージャー像についてたずねた。

女性の“管理職やリーダーになりたい”理由には対人関係重視した項目が挙がる 男性は自分の影響力向上が上位に

 前問で、リーダー/管理職・マネージャー(いずれか、またはは両方共)になりたいと回答した人に、その理由をたずねた。

 管理職・マネージャーになりたい理由は男女ともに「給料が上がる」「達成感を感じる」が高く、約半数を占める。差分で見ると、女性は「部下や周りに頼られる」「社内外のネットワーク広がる」など対人関係や働く環境への意識が高いのに対して、男性は「社会地位が上がる」「自分の意見が通しやすい」が高い結果となった。

調査概要
  • 実施時期:2021年6月29日
  • 調査方法:インターネットリサーチ(全国)
  • 対象者:20〜30代の正社員・総合職の男女
  • サンプル数:700人(女性500人に対する比較として男性200人)
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2863 2021/09/27 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング