SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

イベントレポート

The Modelは回っていなかった!?Salesforce社のインサイドセールス高速スケールのワケ


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 インサイドセールスを支援するベルフェイスは2019年7月18日に「Inside Sales Meetup 2019 Summer」を開催し、約550人が来場した。初めのセッションにはセールスフォース・ドットコムでインサイドセールスのマネージャーを務める鈴木淳一氏が登壇。「営業組織つくりのお手本」と言えば、真っ先に名前が挙がる同社だが米国から輸入したインサイドセールスにおいては、停滞期を迎えたこともあったという。日本流にローカライズすることで高速スケールを実現した同社が抑えた4つのポイントとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

アメリカ本社と同じKPIで、成長が停滞

 鈴木氏自身は、2010年にインサイドセールスのメンバーとしてセールスフォース・ドットコムへ入社。その後、外勤営業を経験し、インサイドセールスのマネージャーになり現在5年めだという。

 「インサイドセールスに関しても順調に伸びているのではないかと言われることも多いのですが、けっこう違います。ある程度のところまではもちろん伸び続けていたのですが、あるとき危機的な停滞期を迎えました。そこから我々が何をして安定成長まで持ち直したかについてフォーカスして話していこうと思います。みなさまがあえて同じ間違いをする必要はないと思うので、これを参考にしていただければと思います」

 そうセッションを切り出した鈴木氏は、同社のインサイドセールス高速スケールのポイントについて「適切な人材配置」「KPI設定」「他部門との情報連携」「教育トレーニング」の4点に絞って解説した。

 
株式会社セールスフォース・ドットコム セールスデベロップメント本部 コマーシャル事業部/スタートアップ戦略部 事業部長 鈴木淳一氏

 セールスフォース・ドットコムのインサイドセールスが停滞した大きな要因のひとつが「KPI設定」だったという。立ち上げ当初からある時期まで、アメリカ本社とまったく同じ「アポイントメント件数のみをKPIとする」スタイルで日本法人のインサイドセールスも運用されてきていた。

 アポ数だけを指標にすると起きる現象が「インサイドセールスのテレアポ部隊化」だ。アポだけとっていると、他部署からの評価は下がるうえに、単純作業が続くことでメンバーのモチベーションも下がっていく。それによって離職率がかなり高くなってしまったという。

 なぜアメリカではそうならなかったか。本国のセールスフォース・ドットコムは圧倒的に知名度がある会社であり、アメリカではインサイドセールスという仕事もある程度根づいていて、社会的にも評価されているという。そういう背景から、アポ件数だけを追っていても問題なかったというわけだ。とにかく本国と同じやりかたではいけないと思い、ローカライズしながら、4つのポイントを見直していった。

次のページ
「量の指標×質の指標」で良いプレーヤーを育成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/704 2019/09/25 10:35

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング