SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

あの人に聞きたい!結果につながる営業の秘訣

Sales Tech時代も「手紙」が最強の営業ツールなワケ カタセル代表・加藤さんに聞く

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 才流(サイル)でマーケティングコンサルタントをしている澤井さんが、新しいセールス関連サービスを提供している企業や業界で活躍しているトップセールスの方を取材し、営業で結果を出すための秘訣について迫っていく連載です。第1回は、カタセル・加藤一平さんに「手紙」を活用した営業手法について聞きました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 株式会社才流(サイル)でマーケティングコンサルタントをしている澤井と申します。本連載では新しいセールス関連サービスを提供している企業や業界で活躍しているトップセールスの方を取材し、営業で結果を出すための秘訣について迫っていきます。

 第1回めとなる今回は、手紙を活用したキーマンとの商談獲得サービスを提供している株式会社カタセル 代表取締役 加藤一平さんに「手紙」を活用した営業手法についてインタビューし、手紙活用の秘訣を聞きました。

「伝わりにくいサービス」はテレアポをしても良質なアポイントは取れない

澤井 加藤さんはなぜ手紙に注目されたのでしょうか?

加藤 弊社ではもともと手紙のサービスを始める前に、テレアポ代行という形で、ソリューション型/無形商材といった、いわゆる「わかりにくい商材」をお持ちの企業様を中心に商談獲得のご支援をしていました。

とにかくアポイントが取りにくかったんです。これらのサービスは電話だけで説明することが非常に難しく、さらに、ソリューション型/無形商材のわかりにくさに、新規性の高い、新しい概念のサービスという要素が加わるとまったく話が通じないこともありました。

たとえば、AIを活用したシステム開発のサービスがあったとします。このサービスを電話だけで説明しても、多くの見込み客は「具体的なイメージがわかない」のです。イメージがわかないサービスについて「わからないからとりあえず会って話を聞いてみよう」とはなりません。どうしても、電話の段階で、最低限サービス内容について知ってもらう、理解してもらう必要があります。

そこで、わかりやすく伝えるにはどうすればいいのか考えた結果、サービスサイトに電話で誘導しサイトをご確認いただきながら説明することにチャレンジしたのですが、いきなりかかってきた電話にそこまで対応していただくのは至難の業です。いろいろと試行錯誤する中、たどり着いたのが「手紙」でした。

 
株式会社カタセル 代表取締役 加藤一平さん

澤井 手紙を送付してもあまりアポイントにつながるイメージがないのですが、実際はいかがですか?

加藤 手紙が有効な理由は2点あります。ひとつは、先ほどご説明したとおり、電話のみでは伝わりにくいサービスでも手紙を通じて伝えることができる点。ふたつめは、大手企業のキーマンに対してダイレクトにアプローチができる点です。大手企業にリーチする際に、ウェブマーケティングや展示会などのマーケティング活動とテレアポだけではなかなかキーマンまでたどり着けません。

実際に、大手企業にテレアポでアプローチをしても、該当する部署が複数ある/キーマンに接触できない/キーマンかと思って訪問したら違った/担当者にアポイントが取れたが商談後キーマンにたどり着く前に話が止まってしまった、といった問題が、弊社がテレアポ代行のサービスを提供していた際に発生していました。

大手企業のキーマン(役員や部長などの上位職者)の方の情報は、HPやIR・人事情報を見ればある程度わかります。その方に決算情報などをもとに提案内容をパーソナライズした手紙を送りました。大手企業でも手紙ならば、高い確率で相手の手元に届きます。

また、手紙だと情報量が少なく詳しい内容が伝えられないのではないかと思われがちですが、実際にまとめてみるとかなり多くの情報を伝えることができます。手紙を送付し手元に届いた頃に電話をかけると高い確率でお話しすることができますし、手紙も読んでいただいてることが多いです。そのため、どんなサービスなのかひとことで説明すればだいたい伝わります。あとは、キーマンの意向を確認したうえでアポイントを打診するだけです。

次のページ
成果が出る手紙を書くための8つのポイント

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
あの人に聞きたい!結果につながる営業の秘訣連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社才流 マーケティングコンサルタント 澤井和弘(サワイ カズヒロ)

求人メディア運営会社にて営業・マーケティング・新規事業の立ち上げを担当。 その後、B2B向けSaaSツールを提供する会社にてマーケティングチームの立ち上げ・事業責任者などを努め、 デジタルマーケティングに関するメディアへの寄稿やB2Bマーケティングに関するイベント登壇などを行う。 現在は株式会社才流...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/435 2019/05/13 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング