SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

FCビジネスと価格戦略に加え新たな店舗展開も!高水準の利益率を叩き出すワークマンの稼ぐ力をチェック

 現在、衣料品販売チェーンでもっとも注目を集めているのがワークマンだ。売上高はここ10年でほぼ倍増。同社の「稼ぐ力」に迫ってみた!

ユニクロに近づけるか!? ワークマンの経営数値と売上高

 工事現場や工場で働く男性向けの作業服や履物、作業用品などを販売する店舗として、圧倒的な存在感を確立してきたのがワークマンである。ある意味、プロ客向け店舗といっていいだろう。会社設立は1982年。社名の由来は容易に想像がつく。

 そのワークマンがここにきて大きな注目を浴びている。Sサイズやアウトドアウェアなど一般・女性向けの商品や店舗を開発し、人気を集めているからだ。

 承知のように、衣料品販売では「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが抜きん出た存在である。同社はカジュアル衣料販売で、インディテックス(スペイン)やH&M(スウェーデン)と世界3強を形成しているほどだ。

 ワークマンは、そんなユニクロに一歩でも近づくことができるのか。一般・女性客を増やすための新たな商品開発や店舗展開を確認する前に、ワークマンのビジネスを探ってみる。

 まずは、表「ワークマンの概要」における「1店舗1日平均売上高」を見てみよう。全店ベースでは、17年3月期25.5万円、18年3月期26.6万円、19年3月期30.4万円という推移である。

ワークマンの概要

   17年3月期 18年3月期 19年3月期
【1店舗1日平均売上高】  
全店ベース 25.5万円(797店) 26.6万円(821店) 30.4万円(837店)
うちFC店舗 27.5万円(660店) 28.1万円(692店) 31.1万円(734店)
うち直営店 15.9万円(137店) 18.2万円(129店) 25.5万円(103店)
1店舗新設平均投資額 4,950万円 5,570万円 6,450万円
 
【会社としての売上内訳】  
加盟店からの収入 102億円 113億円 138億円
加盟店向け商品販売 307億円 330億円 401億円
直営店売上高 79.5億円 86.0億円 95.9億円
その他収入 31.4億円 30.7億円 33.4億円
 
【主要な経営数値】      
売上高 520億円 560億円 669億円
営業利益率 18.3% 18.9% 20.2%
当期純利益 71.4億円 78.4億円 98.0億円
営業活動CF 69.8億円 98.5億円 96.5億円
投資活動CF △111億円 △44.6億円 △56.6億円
(△は出金超過を示す)

 国内ユニクロの1店舗1日平均売上高はおよそ270万円(19年8月期)。ワークマンの各店舗は販売を右肩上がりで伸ばしているが、ユニクロ店舗とは大きな差があるのが現実。

 1店舗をオープンするための投資額にしても、ユニクロは1億円を軽く超しているが、ワークマンの場合は5,000万円~6,000万円といったところだ。

 販売額の推移以上に注目したいのは、ワークマンの店舗形態である。大部分はフランチャイズ(FC)店舗。この3年間のFC店舗比率は「83%→84%→88%」と上昇している。1店舗1日平均売上高にしても、FC店舗は直営店舗を10万円以上も上回る。そもそも、ワークマンはFC比率を重視。直営店舗は、FC契約者や社員を対象とした実務研修・トレーニング用の店舗である。つまり、ワークマンはFCビジネスに磨きをかけることで、稼ぐ力を高めてきたわけだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5