SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

アーカス・ジャパン、Microsoft Copilotを有効活用する不動産業界向けCRMを提供

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 アーカス・ジャパンの不動産業界に特化したCRMソリューションは、Dynamics 365のプラットフォーム上に構築されている。Dynamics 365はマイクロソフトが開発した製品で、ExcelやWordなどのOffice各種ソフトに加え社内データベースなどあらゆるツールや情報を一元的に連携・統合が可能である。

 マイクロソフトは、AI技術に過去最大となる100億ドルを投じ、約30年ぶりとなるキーボードの刷新である「Copilotキー」の追加を2024年1月4日に発表。そのため、アーカス・ジャパンによる不動産ソリューションでも、今後公開されるMicrosoft Copilot(AI)との連携が可能になる。

不動産業界が抱える課題

 大手ポータルサイトの普及と不動産ツールのコモディティ化が進み、不動産業界は新規顧客との接触ポイント、すなわち「タッチポイント」が限られてきた。多くの不動産会社が同じ情報源を利用していることで、結果として似通ったマーケティング戦略をとることが多くなっている。

 また、多くの企業が同様のマーケティングアプローチを採用することから、“来店人数”や“売上単価の中央値・平均値”を変動させることが非常に困難な状況にあると言える。

 このような状況下では、接触した顧客を契約に導くための独自の価値提案を行い、契約のコンバージョン率を最大化することが重要である。

CRMを導入する7つのメリット

1.顧客情報の一元管理

 CRMは顧客に関する情報を一元的に管理することができ、必要なデータへのアクセスを迅速に行える。

2.販売・営業の効率化

 過去の取引履歴や顧客の購買傾向を把握することで、効果的な営業戦略やアプローチを練ることができる。

3.顧客満足度の向上

 顧客のニーズや要望、問題点を迅速に把握し、対応することで顧客満足度を向上させることができる。

4.業績分析の容易さ

 CRMを使用することで、売上、リード、顧客の獲得コストなどの重要な指標をリアルタイムで確認できる。

5.コミュニケーションの強化

 組織内の異なる部署間での情報共有が容易となり、連携を強化する。

6.顧客のライフサイクル管理

 顧客の購入段階に応じて適切なコンテンツやサービスを提供することができる。

7.リテンションの向上

 顧客との関係を継続的に深化させることで、長期的なロイヤルティの確立やリピート購入の促進が期待できる。

Microsoft Copilotを不動産ビジネスに活用するシーン想定

1.顧客対応の自動化と最適化

ーメール自動応答:顧客からのメールに対して、Copilotが内容を解析し、最適なテンプレートを使用して返信を自動生成する。

2.データ分析

ー物件データや顧客データなどを分析し、動向の変化などの洞察を提供する。

3.営業とマーケティングの最適化

ーリードスコアリング:潜在顧客のデータを分析し、購買可能性が高いリードを特定する。

ーカスタマイズされたマーケティングキャンペーン:顧客の好みや過去の行動を分析して、カスタマイズされたマーケティングメッセージを作成する。

4.契約と文書の管理

ー契約書の自動生成:過去の契約データを基に、新しい契約書のドラフトを作成する。

ー文書レビュー:AIが契約文書を解析し、エラーや改善点を指摘する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5572 2024/02/07 15:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング