SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

管理職の悩み1位は「部下の育成」 「部下の成長感じない」5年前の3倍に/ラーニングエージェンシー調査

2020/07/29 05:00

 人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシーは、管理職1,070人を対象に「管理職の意識調査」を実施。その結果を発表した。

管理職の悩み1位は5年前と変わらず「部下の育成」 5年前より10%増加し半数超えに

 管理職としてどのような悩みを持っているかをたずねたところ、もっとも多かったのは「部下の育成(50.5%)」。2014年に実施したアンケート調査でも、「部下の育成」が悩みの1位となり、時代が変化しても管理職をもっとも悩ませ続けている課題であることがわかった。さらに、5年前の調査で「部下の育成」に悩んでいると答えた管理職は約40%だったが、今年は10%増加し、半数以上の管理職が部下の育成に悩んでいる実態が明らかになった。

 今回の調査では「部下の育成」に続く悩みとして、2位「チーム・部門の運営(24.9%)」、3位「時間の不足(21.7%)」という結果に。なお、5年前のアンケートでは、2位「時間の不足」、3位「部門の成果達成」と続き、今年の調査で2位だった「チーム・部門の運営」は5位となった。

「部下があまり成長していないと感じる」割合が5年前の約3倍 部下の成長実感している管理職は減少傾向

 部下の成長度合いをどう感じているかの質問に対しては、「成長している(57.8%)」という回答がもっとも多かったものの(図2)、5年前の69.6%から10%以上減少。次いで多い回答が「あまり成長していない(27.9%)」となり、5年前の8.8%から約3倍という結果となった。部下の成長を実感している管理職の割合は、下降傾向にあることが判明した。

「部下が非常に成長している」と感じている管理職は、部下とのコミュニケーション時間が長い傾向

 部下との月間のコミュニケーション時間を見ると、もっとも多かったのは「2~5時間程度」で41.3%、次いで「1時間程度」が24.4%となり、月間のコミュニケーション時間は5時間以下という回答が全体の6割を超える結果に。なお、この設問に関しては、回答の内訳(割合)が5年前とほぼ同じ結果だったという。

 また、部下の成長度合い別に部下とのコミュニケーション時間を見てみると、「部下が非常に成長している」と回答した管理職は、部下とのコミュニケーション時間が6時間以上の割合が45.8%となり、そのほかの回答者よりもコミュニケーション時間を長く取っている傾向が見られた。

調査概要
  • 調査対象者:同社が提供する管理職向け研修の受講者
  • 調査時期:2019年12月16日~2020年3月27日
  • サンプル数:1,070人


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5