SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

グラレコで学ぶ!ゆるるの営業ホットトピックス

ウィズコロナ時代のインサイドセールス戦略を語る!「TELKETO分科会」グラレコセミナーレポート後編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 自社メディア「ゆるふわ営業ハック」にて、グラレコや記事執筆を通じて「ゆるふわ」な営業ハック情報を発信するpickuponの「ゆるる」さんがSalesZineに登場。セールスにまつわるオンラインイベント・セミナーのレポートをグラレコでご紹介いただく連載がスタートしました。本稿では、アドビが主催するMarketo Engageのユーザー会、「TELKETO (テルケト) 分科会」のレポート(後編)をお届けします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

ウィズコロナ時代のインサイドセールスを成功させるために

トークテーマ

1.コロナ前後のもっとも大きな変化は?

2.これからの組織・チームが成功するために重要なことは?

3.個人が成功するために重要なことは?

パネリスト紹介

 

 パネリストのご経歴は「インサイドセールス組織が愛用する14のツールとは? 『TELKETO分科会』グラレコセミナーレポート」をご覧ください。モデレーターは、前回に引き続きユーザベースの神谷竜市さんです。

「ハイパフォーマー」と「ローパフォーマー」の差が明確化

1.コロナ前後のもっとも大きな変化は?

 

社内コミュニケーションに感じる物足りなさ(ユーザベース)

山元(ユーザベース) 「社内コミュニケーション」に生じた変化がもっとも大きかったように思います。たとえば、新たに入社した社員へのオンボーディングでは、オンライン環境下でのトレーニングに限界を感じる場面が多々ありましたね。オンラインではなく実際に隣に座ってトッププレイヤーが電話しているところを聞くことで、立ち居振る舞いや喋り方も含めて、「そういった言い回しがあるのか!」と、ただ録音している音声を聞いたとき以上に得られる学びがあっただろうなと思ってしまいました。

 もちろん、オフラインで実践していたことをオンラインでも再現するべく試行錯誤はしているのですが……どうしても物足りなさやもどかしさを感じてしまいます。

神谷(ユーザベース/モデレーター) ちなみに、今後は出社をしてもらう方向で考えていますか?

山元 そうですね、会社としてはコロナ以前からリモートOKとしていますが、出社とリモートをどういう割合にするかはチームによって選択できるようにしています。そのため、新しいメンバーに対しては「出社することに問題はないか」を入社時に確認するようにしています。とはいえ、出社することがメンバーの負担になってしまっては元も子もないため、その人が出社をするべき人なのか、出社しない方が向いている人なのか――オン・オフのスイッチが入りやすい環境を、ともに確認するようにしています。

在宅勤務でパフォーマンスが向上する社員の存在(Wovn Technologies)

宇都(Wovn Technologies) 大きな発見だったのは、「在宅勤務によりパフォーマンスが向上する人もいる」ということです。コロナ禍以前は、メンバーは皆出社していたため、当然「出社したほうが高いパフォーマンスを発揮するだろう」と思い込んでいました。ところが、在宅勤務に切り替えたことでハイパフォーマーとして頭角を現した社員も現れたんです。リモートワークにより時間の制約が緩和されたことで、とあるママさん社員がパフォーマンスをグッと高め、最終的にチームの中でナンバーワンの成績を獲得することもありました。

 また、コロナ禍以前と比較すると、社外に向けたオンラインイベントを開催する際に得られるリードの属性が変わってしまったようにも感じています。リードそのものは予定どおり獲得できているものの、Wovn Technologiesを認知しているリードが減ってしまったため、リードナーチャリングがより重要になりました。

神谷 「認知が低い」というのは、企業のセミナーに参加する人が主催する企業名を意識せずに参加しているということでしょうか?

宇都 「参加はするが、セミナーは流し聞きしている」パターンが多いですね。一見して温度感の高さがうかがえたリードでも、いざ連絡してみると反応がいまひとつ、というケースが増えたように感じます。

「ハイパフォーマー」と「ローパフォーマー」の差が明確化(ヤプリ)

小林(ヤプリ) コロナ禍を経て「ハイパフォーマー」「ローパフォーマー」の差が明確化したように思います。仕事への意識が高く、「今の自分が何をするべきか、を自ら考えられる」はトップパフォーマーの必須条件であると感じるようになりました。商談数を見ていると、その差が顕著に現れますね。

神谷 出社していたときは、周囲から影響を受けたり、フォローし合ったりすることでお互いを高め合うことができましたが、在宅勤務の環境下では、自らが志を高く持ち、自分自身で問題解決をする必要がありますよね。

小林 まさしくおっしゃるとおりです。出社をしていた時期と比較して、マネージャーの目が行き届かなくなってしまいました。また、「ちょっとした会話」が失われてしまったことも大きな要因だったのではないかと思います。仕事に対して、受け身なメンバーとそうでないメンバーとの差がこの1年で大きくなってしまったように感じます。

神谷  そのようなメンバーに対して、上司として、どのような「テコ入れ」をなさるのですか?

小林 ローパフォーマーの管理は苦労しますよね……。私自身は、「役割を減らす」という方法を採りました。期待値以上のことを求めても、お互い不幸になってしまうと考えたためです。また、インサイドセールスのKPIを再定義し、役員に対してKPIの変更を打診することもありました。

次のページ
「チームにとっての成功」に立ち返り、チーム間の分断を防ぐ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
グラレコで学ぶ!ゆるるの営業ホットトピックス連載記事一覧
この記事の著者

ゆるふわ営業ハック ゆるる(ユルル)

 pickupon株式会社でインサイドセールスとして勤務。営業向けメディア「ゆるふわ営業ハック」で記事やグラレコを発信。保険・証券営業/SaaSのIS/個人・法人営業経験あり。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2829 2021/10/25 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング