SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

会社に愛着が湧く理由トップは「とくになし」31.3% 年代が高いほど会社への期待は低下/OKAN調査

2020/10/29 06:00

 OKANが、全国の20~50代の働く男女3,760名を対象に実施した「withコロナで変化する『働くこと』に関する調査」の結果を公開した。

コロナ禍における企業と従業員の関係性について

「会社と良い関係を築けていない」が半数を超える 最多は40代

 

 コロナ禍において「会社と良い関係を築けているか」という設問に対して、「いいえ」の回答が51.7%と全体の半数を上回り、約2人に1人が会社との関係性に何らかの不安を抱えていることがうかがえる結果に。調査データの年代別内訳を確認すると、回答対象である20~50代のうち「いいえ」の回答割合がもっとも多かった年代は40代で、全体の55.2%であった。

年代が高いほど会社への期待低下 20代と比較し30代は6.4pt減

 
 

 コロナ禍において「会社に期待することが増えたか」という設問に対して、「いいえ」の回答は全体で75.4%であった。年代別に見ると、「はい」と答えた回答者数の割合は年代が上がるにつれて低くなり、年代が高い従業員ほど「会社へ期待することが増えた」という回答への割合が減少している傾向が見受けられた。20代と比較すると、30代では6.4pt減と、もっとも割合が減少していた。

会社に愛着湧く理由1位「とくになし」 31.3%で「人間関係」を6.9pt上回る

 
 

 コロナ禍で「自社に対する愛着は高まったか」という質問に対して、「いいえ」の回答は全体の72.0%であった。会社への愛着が湧く理由を問うと、「とくになし」が全体の3割を超え「良好な人間関係」「やりがい」を上回り全体でもっとも多い回答となった。

コロナ禍における個人の価値観について

大事にしたい価値観「良好な人間関係」 約3割が現状に課題あり

 
 

 コロナ禍において現状課題を抱えている価値観を問う設問では、1位が「良好な人間関係」で約31.3%という結果に。次いで「やりがい」が24.4%、「業務量と時間的負担」が20.9%であった。1位の「良好な人間関係」という項目は、同社が実施した「失われることで離職を考える価値観」「働くことでもっとも大切にしたい価値観」の調査でも1位になっていた。個人が大切にしたい、失われることで離職を考える価値観に対して問題を抱えている回答者が全体の3割を占める結果となった。

調査概要

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2020年8月
  • 調査対象:全国20~50代の働く男女
  • 調査人数:計3,760名


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5